株式会社幸

神奈川県内での雨漏りは雨漏り相談所で解決します。 コロニアル カラーベスト編②

無料見積もりはこちら

神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101番地1 クロスゲート7F

神奈川県内での雨漏りは雨漏り相談所で解決します。 コロニアル カラーベスト編②

神奈川県内での雨漏りは雨漏り相談所で解決します。 コロニアル カラーベスト編②

2022/06/24

カラーベスト、コロニアルについて②

 

一般的な薄型化粧スレート屋根の定義としては、主原材料が、セメント、 石綿(アスベスト)を混合、加圧成形され作られた厚さ4~10㎜の薄い瓦の事を言います。


2004年以前の薄型化粧スレート屋根には、アスベスト(石綿)が含まれていましたが、人体に悪影響を及ぼす可能性がある為、現在は使用する事が禁止されているので、(但し、アスベストは周囲に飛散しない限り、人体に悪影響はありません。)現在のスレート屋根は、基本的にノンアスベストタイプ(無石綿)でセメント、 けい酸質原料、石綿以外の繊維質原料、混和材料などを用いて作られています。

 

薄型化粧スレート屋根は、軽量で建物にかける負荷が少ないという大きなセールスポイントと、従来の日本瓦に比べ、軽量で施工がしやすく、施工価格も安く抑えられ、カラーバリエーションも豊富という様なメリットがあります。


その反面カラーベスト、コロニアルのデメリットとしては、防水性が低く、完全に塗料(トップコート)に依存しきった形になっている事です。


なので、定期的な塗り替えによるメンテナンスを行わないと、屋根材の破損、室内への雨漏り等が生じる恐れがあり、住まいに対し、重大な不具合が生じる危険性があります。


通常、新築時のスレート屋根に使用されるトップコートは、アクリル塗料を施されている事が多く、期待耐用年数は6~7年程度と短い為、特に注意が必要です。経年劣化が激しいスレート屋根の耐久性を維持する為、新築から8~12年で塗り替え工事をする事をおススメします。

 

この様な理由から、新築後20年以上経過し、メンテナンスを全く行っていない薄型化粧スレート屋根は、劣化・腐食して塗り替えが困難な場合があります。

----------------------------------------------------------------------
雨漏り相談所
 

 

リフォーム業で培った経験と実績

弊社はリフォーム業で数多くの現場で経験と実績を積み、専門的な知識や高い技術を身に付けた会社が運営しております。

このことを最大の武器とし、雨漏りの修理やそれに関連する施工をメインに、お客様に安心してご相談いただける場を設けました。

快適な暮らしのサポートができるよう、最適なプランをご用意し雨漏りにお困りのお客様を心を込めてお迎えしますので、ぜひ気軽にご連絡ください。


屋根修理に特化した横浜の施工店

様々な戸建ての不調に横浜で対応

多様な雨漏りに神奈川全域で対応

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。