株式会社幸

横浜市旭区で雨漏りに困ったら雨漏り相談所にご相談ください。

無料見積もりはこちら

神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101番地1 クロスゲート7F

横浜市旭区で雨漏りに困ったら雨漏り相談所にご相談ください。屋根からの雨漏りを放置するとどうなるか

横浜市旭区で雨漏りに困ったら雨漏り相談所にご相談ください。屋根からの雨漏りを放置するとどうなるか

2022/09/15

屋根からの雨漏りを放置するとどうなる?問題が悪循環になる

 

木造住宅では木がたくさんつかわれています。
木は水に弱く乾燥が十分でない場合、腐食します。
放置をしておくと建物の構造だけでなく、人体にも悪影響を及ぼす可能性があります。
資産価値はゼロではなくマイナスになることもあります。

日本に多い木造住宅は、水に弱いという特徴があるため、皆さんが考えている以上に大きなリスクとなってしまうのです。

ここでは雨漏りを放置しておくと生じるリスクについて解説します。

 

屋根の強度低下

雨漏りを放置すると、屋根の強度が弱まるリスクが出てきます。

住宅内部に雨水が侵入すると、木材は腐食してしまい、金属部分はサビが生じてしまいます。
屋根の内部となる“小屋組み”は、「垂木(たるき)」や「母屋(もや)」「桁(けた)」など、いくつかの木材が組み合わさる形で構成されています。
その中でも重要なのが、屋根材を構造的に支える「野地板(のじいた)」です。
野地板とは厚さ9㎜~12㎜の木の板です。
野地板のうえに雨水の浸透を防ぐ「防水シート」が張られ、その上に仕上げになる「屋根材」が張られています。屋根裏から見える野地板

室内側の天井でシミが見られるということは、防水シートの機能が失われて野地板にまで水が浸み込んでいる状況です。
水分を含んだ野地板は腐ってしまい、屋根材を支える力がグンと弱まります

つまり、建物の構造に重要な柱などが腐食してしまうことになりますので、建物の強度自体が低下してしまう訳で

その結果、屋根が「飛ばされる」「めくれる」「浮く」といった不具合が起こりやすくなります。
テレビで見る大型台風の影響で屋根が吹き飛ばされる光景の多くは野地板の劣化が原因です。
野地板保護のために屋根からの雨漏りは絶対に放置せず、すぐに直さなければなりません。

 

雨漏りは放置すればするほど、修理が必要になる被害箇所が増えてしまいますので、修理費用もどんどん嵩んでしまいます。したがって、できるだけ早く修理するのが建物の維持コストを安く抑えるコツです。

----------------------------------------------------------------------
雨漏り相談所
 

 

リフォーム業で培った経験と実績

弊社はリフォーム業で数多くの現場で経験と実績を積み、専門的な知識や高い技術を身に付けた会社が運営しております。

このことを最大の武器とし、雨漏りの修理やそれに関連する施工をメインに、お客様に安心してご相談いただける場を設けました。

快適な暮らしのサポートができるよう、最適なプランをご用意し雨漏りにお困りのお客様を心を込めてお迎えしますので、ぜひ気軽にご連絡ください。


屋根修理に特化した横浜の施工店

様々な戸建ての不調に横浜で対応

多様な雨漏りに神奈川全域で対応

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。