株式会社幸

大和市で雨漏りしたら雨漏り相談所にご相談下さい。勾配不足の屋根からの雨漏り

無料見積もりはこちら

神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101番地1 クロスゲート7F

大和市で雨漏りしたら雨漏り相談所にご相談下さい。勾配不足の屋根からの雨漏り

大和市で雨漏りしたら雨漏り相談所にご相談下さい。勾配不足の屋根からの雨漏り

2022/08/09

勾配不足の屋根について

 

屋根には勾配(こうばい)がもうけられています。勾配とは屋根の傾きのことです。
勾配があればあるほど、屋根の雨水が流れるスピードが早くなるため、雨漏りは少なくなります。
屋根が水に触れる時間も少なくなるので、屋根の寿命も長くなります。
つまり、「勾配がある屋根」=「優れた屋根」といえます。

一方、勾配が緩い屋根は雨漏りが多いです。
勾配が緩いと屋根面に水たまりができます。
金属屋根やもしくは庇(ひさし)の水たまりは、シーリング劣化やサビの原因になります。
屋根の上に雪がとどまった際の雪解け水が原因となる雨漏りも多いです。

屋根材には、屋根材ごとに必要勾配が定められています。
たとえば、コロニアルには2.5寸以上の勾配が必要です。
しかし、このルールを無視して2.5寸未満の勾配でコロニアルを使っている現場を見かけます。

さらに、2.5寸の低勾配屋根にコロニアルを用いるには条件があります。
この条件をクリアしていない場合、雨漏りリスクが高まります。

 

根勾配の違いによる雨漏りの特徴

 

6寸勾配以上の急な傾斜を急勾配、3寸勾配以下の緩い傾斜を緩勾配と呼びます。
また、その中間の一般的な勾配を並勾配と呼びます。

急勾配屋根

急勾配の屋根は風を受けやすい形状のため、暴風による屋根材のはがれや、クギのゆるみなどが発生しやすくなります。
雨水の排出は良いですが、別の原因の雨漏りに注意が必要といえるでしょう。

また、急勾配の場合には、雨漏り修理の際に直接上って作業することができないため、通常の足場に加えて屋根足場を設置する必要があります。
足場設置の費用がかかる上に、屋根足場を使っての作業は効率が悪く、修理にコストがかかります。
屋根の上まで部品を運ぶのが難しい場合には、クレーン車を使うこともあります。

並勾配屋根

並勾配は一般的に普及しているため、雨漏りの修理の際に比較的スムーズに作業ができます。
葺き替えが必要になった場合にも、対応できる屋根材が豊富なため選択肢が多いです。

緩勾配屋根

緩勾配の屋根では雨水の滞留する時間が長くなるため、傾きの急な屋根と比較すると雨漏りのリスクが高くなります。
また、ホコリやゴミが屋根にたまりやすく、屋根材の劣化が早くなることにも注意が必要です。
屋根材が劣化すると防水性が失われていくため、浸水しやすくなります。
緩勾配の屋根は表面が下から見づらいため、異変があった場合に気づきにくいこともデメリットと言えます。

また、雨漏り修理で葺き替えを行う際には、緩勾配に合う条件の屋根材は少ないため選択肢が限られます。
一方で、緩勾配の屋根は屋根面積が少なく、足場も必須ではないため、工事費用は安くなる傾向があります。

屋根に雨水が残っているほど、下地へ浸水する割合が増えてしまいます。
下地の防水シートは浸水を防ぐためのものですが、限界があります。
長時間の浸水や度重なる水の刺激で、防水シートは劣化したり穴が開いたりし、建物の内部へと水が浸入していきます。

雨漏りという視点で考えると、傾きの緩い屋根はリスクが高いことを知っておき、適切な屋根材や修理方法の選択を心がけるとよいでしょう。

 

勾配不足からの雨漏り修理方法

屋根の勾配を変えることは大掛かりなので、低勾配用の屋根材をつかうことが大切なポイントです。
低勾配に適した屋根はズバリ、「縦葺きの金属屋根」です。
縦葺きの金属屋根とは縦のラインに沿って張る金属屋根のことです。
「瓦棒」や「立平」などが当てはまります。

「横葺きの金属屋根」はNGです。
横葺き金属屋根とは横のラインに沿って張る金属屋根のことです。
「アイジー工業のスーパーガルテクト」や「ニチハの横段ルーフαs」などのメーカー既製品の住宅用金属屋根材がほとんどなので、メーカー既製品のことと思ってください。
瓦棒は「コイル状の鋼板」と「垂木(たるき)とよばれる木の棒」を現場に持ち出して板金工職人さんがその場で加工して張り付けます。

縦葺き屋根でも頻繁に雨漏りが発生する場合は、嵩上げ(かさあげ)工法で屋根の勾配を変更させます。

 

【ワンポイント】嵩上げ(かさあげ)工法とは

嵩上げとは既存屋根の上に屋根を新たにもうける工事とのことです。
頻繁に雨漏りが発生する低勾配屋根で用いる工事です。
嵩上げ工法をすることで100%雨漏りは改善します。

 

勾配不足からの雨漏り修理業者は?

「縦葺きの金属屋根」の施工は板金工事業者に依頼するのが望ましいです。
嵩上げ工事はかなり高度な技術が求められます。
屋根専門の工事業者でも施工ができる業者へ限られています。
施工実績があるか、下調べをしてください。

----------------------------------------------------------------------
雨漏り相談所
 

 

リフォーム業で培った経験と実績

弊社はリフォーム業で数多くの現場で経験と実績を積み、専門的な知識や高い技術を身に付けた会社が運営しております。

このことを最大の武器とし、雨漏りの修理やそれに関連する施工をメインに、お客様に安心してご相談いただける場を設けました。

快適な暮らしのサポートができるよう、最適なプランをご用意し雨漏りにお困りのお客様を心を込めてお迎えしますので、ぜひ気軽にご連絡ください。


屋根修理に特化した横浜の施工店

様々な戸建ての不調に横浜で対応

多様な雨漏りに神奈川全域で対応

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。