株式会社幸

中郡大磯町で雨漏りしたら雨漏り相談所にご相談下さい。屋根の形 メリットとデメリット②

無料見積もりはこちら

神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101番地1 クロスゲート7F

中郡大磯町で雨漏りしたら雨漏り相談所にご相談下さい。代表的な3つの屋根の形   メリットとデメリット③

中郡大磯町で雨漏りしたら雨漏り相談所にご相談下さい。代表的な3つの屋根の形   メリットとデメリット③

2022/08/22

寄棟屋根(方形屋根)

 

寄棟は4方向に傾斜面がある屋根です。切妻に次いで多い屋根の形です。
地上に対して水平になる最上部の棟を「大棟」、傾斜がある棟を「下り棟もしくは隅棟」と言います。
大棟がある屋根を「寄棟」、大棟がない屋根を「方形」屋根と呼びます。
寄棟の初期建築費用とリフォーム費用は割高です。
しかし、日射や雨などの影響をやわらげれるため、長期的な住宅保護の観点では最も優秀な屋根です。

 

寄棟のメリット

建築基準法に対応しやすい
狭い敷地では建築基準法における隣地斜線制限、北側斜線制限が有利になる
・落ち着いた雰囲気

 

4方向全ての外壁が保護できる
(ただし、4方向の軒先を長くすることが条件)

 

壁面量が減る
(高価な外壁材を使用する場合には経済的)

 

雨量、雪量を分散させることができる

 

風の耐久性が高い
(日本瓦などの重い屋根で有効)

 

棟のデメリット

トータルコストの負担が大きい

 

リフォーム時に部材合わせによる使用材料のロスがかなり発生する

 

雨樋や棟が長くなる

 

工期が長くなる

 

軒天のメンテナンスやリフォームが必要になる

 

ソーラーパネル数が制限される

 

4方向全てに雪が落ちる

 

屋根裏のスペースが小さくなる

 

ガラリ換気(妻側換気)が設置しづらい

 

根勾配や屋根の形を変更することは可能

 

勾配(こうばい)に注意する

勾配とは屋根の傾き角度のことです。
急勾配であるほど(屋根の角度はあればあるほど)雨水排水のスピードが速くなり、雨漏りリスクが減少します。
しかし、急勾配は屋根面積が広くなり、リフォーム時には屋根足場が必要になります。

このような理由からテイガク屋根修理では屋根は適度な4寸勾配をおすすめします。
また、勾配をリフォーム工事で変更することは可能ですが、かなり大がかりな工事になります。

 

屋根の形を変えることはできる

大胆に根の形を変更するリフォーム工事も可能です。
繰り返し発生する雨漏りを根本的に解決させるために行います。
ただし、屋根の形を変える工事もかなり大がかりになります。

 

地域によって屋根の形状に違いがある

縦に長い日本列島であるゆえに地域によって気候は違います。たとえば、東北や北海道などと九州や沖縄では気候はもちろん風土も違います。そのため住宅のデザインはもちろん、屋根の形状にも違いがあらわれます。

それぞれの地域によって屋根は地域独自の発展をし、様々な対策が取られています。もちろん伝統技術も使われていますが、それだけでなく最新技術などを用いて自然災害などの対策も行われています。全国共通の防犯対策として地震への対策を備えたうえで、地域独自の対策をおこなっています。

 

沖縄や九州地方によくみられる屋根の形状と目的

沖縄や九州では台風の進路になったりと台風が通過することが多く、梅雨前線が停滞することも多い地域です。そのため、屋根に風水害対策をとっている家が多くみられます。家屋の多くは瓦と瓦の間を漆喰で塗り固めるなどの伝統的な補強を行っています。この作業を行うと台風などの暴風により瓦が吹き飛ばされることを防いでくれます。また勾配が強めであることによって、雨が流れ落ちやすいようにしています。

 

北海道や東北地方によくみられる屋根の形状と目的

東北や北海道のような雪国では、勾配が浅く雪が積もりやすいような屋根が多く使用されています。雪が積もりやすいと雪下ろしが大変になるのではないかと思われるかたもいるかもしれませんが、これは屋根の積雪が家の前を通行する人に落下しないようにするための配慮なのです。それゆえ札幌市では屋根に雪止めを設置することが義務付けられています。

東北のような雪国では瓦よりもトタン屋根が多いという特徴があります。東北の雪は雨とは違いすぐに流れ落ちたりしないため、瓦の裏に徐々に浸透していきます。そのため、瓦屋根だと雨漏りになってしまったり、雪下ろしのために上ったときに瓦だと破損しやすくなります。また、積雪時の屋根の重さを少しでも軽減するためにも瓦を使わない理由となっています。

雪が降る地域では屋根はシンプルな形状の三角屋根である切妻屋根や片流れ屋根で大きく勾配(傾斜)をつけた形状がよいとされています。他にも屋根材はすべりのよい金属製のガルバリウム鋼板などのものが望ましいと考えられています。しかし、市街地の住宅ならば、隣家や道路などに雪が滑り落ちない屋根材や雪止めネット設置などが必要となってきます。一見平らな屋根に見える無落雪屋根とも呼ばれる屋根の住宅も増えています。

ほかにも東北や北海道では太陽高熱などを利用し、屋根に暖房を取り付け、積雪を最小限にとどめる住宅も多くみられているようです。

 

海岸に近い地域によくみられる屋根の形状と目的

海の近くに住むと、必ず潮風とともに塩が飛来します。塩分は目に見えないものです。いつのまにか建物が被害を受けています。この塩による被害を塩害といい海の近くに住んでいると必ず起こります。塩は建物が錆びる原因となります。中でも金属系の屋根材や外壁材を使用されていると、とくに錆びによる被害を受けやすくなります。錆びが進行すれば建材が腐食し、建物が腐っていきます。一度発生するとほかの場所にまで錆びが浸食するもらい錆という現象がおこり、取り返しのつかないことになる可能性があるので注意しましょう。

また、海岸に近い場所はときに強風が吹きます。日常的にも強い風が吹くほかに、台風などが直撃した場合は暴風に襲われます。そのため風の抵抗を最小限にとどめられる、シンプルな形状の屋根である切妻屋根や片流れ屋根で勾配の緩い形状が望ましいとされています。また、常に風に乗って塩が飛んでくるので、錆びが発生しやすい金属系の屋根材は避け、日本瓦やスレート屋根をおすすめします。気づいたら屋根が傷んでいることもあるので、定期的なメンテナンスが欠かせません。

----------------------------------------------------------------------
雨漏り相談所
 

 

リフォーム業で培った経験と実績

弊社はリフォーム業で数多くの現場で経験と実績を積み、専門的な知識や高い技術を身に付けた会社が運営しております。

このことを最大の武器とし、雨漏りの修理やそれに関連する施工をメインに、お客様に安心してご相談いただける場を設けました。

快適な暮らしのサポートができるよう、最適なプランをご用意し雨漏りにお困りのお客様を心を込めてお迎えしますので、ぜひ気軽にご連絡ください。


屋根修理に特化した横浜の施工店

様々な戸建ての不調に横浜で対応

多様な雨漏りに神奈川全域で対応

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。