株式会社幸

横浜市神奈川区で雨漏りに困ったら雨漏り相談所にご相談ください。屋根カバーの施工方法②

無料見積もりはこちら

神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101番地1 クロスゲート7F

横浜市神奈川区で雨漏りに困ったら雨漏り相談所にご相談ください。屋根カバーの施工方法②

横浜市神奈川区で雨漏りに困ったら雨漏り相談所にご相談ください。屋根カバーの施工方法②

2022/11/02

屋根カバー工法のポイントと施工手順をご紹介②

 

屋根カバー工法のメリット

 

屋根カバー工法を検討する上で気になるのは、この屋根カバー工法のメリットとデメリットです。

 

 

メリット1:断熱性・遮音性・防水性が向上する

屋根カバー工法に使われる屋根材には断熱材が取り付けられていたり既存屋根との間に通気層が形成されることによって断熱性能が向上します。特に夏場の2階の暑さに対する効果が大きいですね。

 

また金属屋根材をかぶせる前に既存屋根の上にルーフィング(防水紙)を張りますので雨漏れ防止効果も非常に高いことが挙げられます。

 

屋根が2重構造となるため雨音の軽減も期待できます。特に石材チップ系の金属屋根材は表面に加工がされているためその効果が顕著です。


 

メリット2:リフォーム費用が安い

先述した通り葺き替え工事と比較して安価に施工が可能な点に加え、金属屋根材はガルバリウム鋼板と言って基本的には錆びない材料で作られている上に焼付塗装や石材チップが施されているため、屋根塗装と比較して圧倒的に長持ちします。

 

ライフサイクルコストとして考えても屋根塗装より、トータルコストを下げられる場合が多々あります。


 

メリット3:工期が短い

葺き替え工事に伴う撤去作業や廃材処分が屋根カバーには必要ない為、工事期間を短縮することが可能です。概ね葺き替え工事の半分くらいの工期で施工可能です。

 

屋根カバー工法における工事期間は屋根形状や大きさによりますが、概ね実働で7日前後です。


 

メリット4:騒音やホコリのトラブルが少ない

葺き替え工事の場合は撤去時にホコリや騒音も発生する上に産業廃棄物用のコンテナやダンプカーを設置する必要があります。そのため、工事が大掛かりとなり騒音やトラブルの発生につながるケースも見られます。

 

その点、屋根カバー工法はその必要がありませんのでトラブルも少なくなります。

 

メリット5:アスベストにも対応できる

2004年以前に建てられた物件でスレート系屋根材が使われている場合、まず間違いなくアスベストが含まれています。アスベスト含有の屋根材を撤去する場合は厳格な管理が必要となり、専用処分となるため手間と費用が掛かります。しかし、屋根カバー工法の場合であればそのような手続きや管理は必要なく、アスベストを含んだ屋根材の上に被せることが可能です。

----------------------------------------------------------------------
雨漏り相談所
 

 

リフォーム業で培った経験と実績

弊社はリフォーム業で数多くの現場で経験と実績を積み、専門的な知識や高い技術を身に付けた会社が運営しております。

このことを最大の武器とし、雨漏りの修理やそれに関連する施工をメインに、お客様に安心してご相談いただける場を設けました。

快適な暮らしのサポートができるよう、最適なプランをご用意し雨漏りにお困りのお客様を心を込めてお迎えしますので、ぜひ気軽にご連絡ください。


屋根修理に特化した横浜の施工店

様々な戸建ての不調に横浜で対応

多様な雨漏りに神奈川全域で対応

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。