株式会社幸

茅ヶ崎市で雨漏りしたら雨漏り相談所にご相談下さい。広子舞と外壁の取り合いからの雨漏り(軒ゼロ住宅の雨漏り)

無料見積もりはこちら

神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101番地1 クロスゲート7F

茅ヶ崎市で雨漏りしたら雨漏り相談所にご相談下さい。広子舞と外壁の取り合いからの雨漏り(軒ゼロ住宅の雨漏り)

茅ヶ崎市で雨漏りしたら雨漏り相談所にご相談下さい。広子舞と外壁の取り合いからの雨漏り(軒ゼロ住宅の雨漏り)

2022/08/04

広子舞と外壁の取り合いからの雨漏り(軒ゼロ住宅の雨漏り)

 

広子舞(ひろこまい)とは軒先部分の屋根下地のことです。
屋根の軒先を地上から見上げると、屋根の木下地が数センチ露出しているのがわかります。
(雨どいが邪魔してよく見られないこともあります。)
この露出した屋根の木下地が広子舞です。
広子舞は破風板(はふいた)から2cm~3cm程度、飛び出しています。

広小舞は木なので、腐食が進行すると剥がれたり崩れたりします。
ほとんどの屋根の下地は軒先の広小舞から腐り始めます。
雨水が吹き込む台風時は広小舞から水が入り込むことがあります。

注意すべきは軒ゼロ住宅です。
軒ゼロ住宅は広小舞のすぐ裏側が外壁です。
そのため、軒ゼロ住宅は広小舞から雨が漏れやすいです。

 

【ワンポイント】軒ゼロ住宅の2次被害

軒ゼロ住宅は雨漏りの2次被害が生じやすい建物です。
軒の出がないため、外壁面はたくさんの雨がかかり、紫外線の影響も強く受けます。
このため、軒ゼロ住宅はシーリングや外壁が劣化しやすくなります。
「軒ゼロ住宅は建物の寿命を半減させる」と評価する専門家もいます。
軒ゼロ住宅は比較的新しい作りのデザインです。
今後、軒ゼロ住宅関係する雨漏りは増加すると予想されます。

 

雨どいが機能しているかも大切です。
雨どいには許容できる雨量が決まっています。
雨どいから水があふれが出すことをオーバーフローとよびますが、オーバーフローをおこすと、屋根と外壁の取り合い部分から雨漏りを発生させるリスクが高まります。

雨どいのオーバーフローとは

雨どいが正常に機能していない場合、雨どいから雨水があふれることがあります。
これを雨どいのオーバーフローとよびます。
原因は雨どいの断面積不足やゴミづまり、勾配不足、金具の設置不足などがあげられます。
雨どいが原因となる雨漏りもあるので、日頃から雨どいの点検もおこないましょう。

 

広子舞と破風板の取り合いからの雨漏り修理方法は?

広子舞に雨がかからないよう、軒先部には「軒先板金」を取り付けます。
ケラバ部にはこの板金を「ケラバ唐草」とよびまし。
これらの板金を役物(やくもの)や水切りとよぶ業者もいます。

屋根まわりの板金に共通する大切なことは立ち下がりです。
軒先板金の立ち下がり幅が短いと、広子舞部分に雨がかかりやすくなります。

広小舞は塗装で腐食を抑える、もしくはシーリングを打つなどのメンテナンスを定期的におこないます。
しかし、広小舞を重視する塗装屋は少なく、気づいたときには広小舞がボロボロになっていることが少なくありません。
ボロボロになった広小舞は広小舞板金(広小舞キャップ)で被せてあげる工事をおすすめします。

 

広子舞と破風板の取り合いからの雨漏り修理業者は?

シーリングを打つ作業は誰でもできます。
既存の屋根を剥がさず、広小舞に広小舞キャップを取り付ける場合は板金工事業者に依頼してください。

腐食が広小舞から野地板にまで至っていて広範囲に及んでいる場合は屋根全体のリフォーム工事を検討してください。

----------------------------------------------------------------------
雨漏り相談所
 

 

リフォーム業で培った経験と実績

弊社はリフォーム業で数多くの現場で経験と実績を積み、専門的な知識や高い技術を身に付けた会社が運営しております。

このことを最大の武器とし、雨漏りの修理やそれに関連する施工をメインに、お客様に安心してご相談いただける場を設けました。

快適な暮らしのサポートができるよう、最適なプランをご用意し雨漏りにお困りのお客様を心を込めてお迎えしますので、ぜひ気軽にご連絡ください。


屋根修理に特化した横浜の施工店

様々な戸建ての不調に横浜で対応

多様な雨漏りに神奈川全域で対応

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。