株式会社幸

横浜市栄区で雨漏りに困ったら雨漏り相談所にご相談ください。台風被害から改修工事②

無料見積もりはこちら

神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101番地1 クロスゲート7F

横浜市栄区で雨漏りに困ったら雨漏り相談所にご相談ください。台風被害から改修工事②

横浜市栄区で雨漏りに困ったら雨漏り相談所にご相談ください。台風被害から改修工事②

2022/11/15

屋根工事でのカバー工法

 

屋根のカバー工法は、既存の屋根材を撤去せず、その上から新しい屋根材を施工する工法です。

そして、この屋根カバー工法に使用される屋根材の多くが「ガルバリウム鋼板」に代表される「金属屋根材」なのです。

これは金属屋根材の最大の特徴である「軽い」ことが、このカバー工法に多く採用される理由でもあります。

 

 

ガルバリウム鋼板でのカバー工法は万能ではない

スレート屋根材の中でも「アスベスト(石綿)」を含んだものであれば、カバー工法によってその撤去費用と廃材処理費用を抑えることができ、更には工期が短縮できるというメリットを大々的に宣伝しているリフォーム会社さんがほとんどです。

実際にアスベストを含んだスレート屋根材の処分費用は、アスベストを含まないスレート屋根材と比較しますと、おおよそ3~4倍も高くなってしまいます。また、処分費用の他にも石綿飛散防止のため養生費用等も発生することから、カバー工法を勧めるリフォーム会社さんが多いのです。

ここで注目していただきたいのは「アスベスト(石綿)を含むスレート屋根材」です。

日本におけるスレート屋根材としては、1957年(昭和32年)11月に久保田建材工業株式会社から発売された「カラーベストコロニアル」が最初で、今でも「スレート屋根材=コロニアル」と呼ばれるほどです。

しかし「アスベストは人体に有害である」という論文が公開されたことをきっかけに、日本国内においては2004年(平成16年)までに石綿を1%以上含む製品の出荷が原則禁止され、翌2005年(平成17年)には「石綿障害予防規則」が施行されることとなりました。

これを見据え各屋根材メーカーは1999年(平成11年)頃からアスベストを含まない屋根材の販売を開始しております。

屋根材メーカーにより多少の前後はありますが、2002年(平成14年)以降に建てられた戸建住宅のスレート屋根材には、アスベストは含まれていないということになります。

 

 

屋根の下地の木材が傷んでいない場合は、ガルバリウム鋼板によるカバー工法は「正解」と言えます。

しかし一般的な傾向として、スレート屋根の家は、築30年前後で防水シートが劣化し、屋根の下地の木材が傷んでいることが多いです。

その状態でカバー工法をすると、強度のない下地に屋根材を固定しているので、最悪の場合、台風などの強風で、新しくカバーした金属屋根材が飛んでしまう、ということも起こる可能性があります。

なので、屋根下地の木材の補強ができる「 葺き替え 」 工事が、台風対策の予防工事としてはおすすめです。

----------------------------------------------------------------------
雨漏り相談所
 

 

リフォーム業で培った経験と実績

弊社はリフォーム業で数多くの現場で経験と実績を積み、専門的な知識や高い技術を身に付けた会社が運営しております。

このことを最大の武器とし、雨漏りの修理やそれに関連する施工をメインに、お客様に安心してご相談いただける場を設けました。

快適な暮らしのサポートができるよう、最適なプランをご用意し雨漏りにお困りのお客様を心を込めてお迎えしますので、ぜひ気軽にご連絡ください。


屋根修理に特化した横浜の施工店

様々な戸建ての不調に横浜で対応

多様な雨漏りに神奈川全域で対応

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。